人からお金を借りるときのマナー

自分が持っているお金だけでは、どうすることもできない場合お金を借りるという選択をしなければいけなくなります。お金を借りる先としては、消費者金融や銀行などのカードローンを選択するか、知人などからお金を借りることになるでしょう。
ローンを組む場合と違って、人からお金を借りる場合のメリットは、利息などが発生しないことと、信用できる相手から借りるので安全性が高いということです。
ただ、自分と相手の信頼関係の上に立ってお金の貸し借りが発生するのですから、そこには当然守るべきマナーがあります。相手からの信頼を損なわないためにも、借りたお金は全額きっちりと返済するのは、人からお金を借りる上での最低限のマナーと言えます。親しい中でも金銭的な問題が発生すると人間関係がこじれやすいですから、借りる方は特に誠意をもって接することが求められるのです。
人からお金を借りる場合にマナーとしてもトラブル発生のリスクを回避するためにも、必ず行っておきたいのが借用書を作成することです。どれくらいの金額を借りるのか、どれくらいの期間で返済するのか、現金を用意して返すのか口座に振り込むのかなど事前にしっかり決めてから貸してもらうようにしましょう。
知人や親族の場合は高い利息は要求されませんが、借りた金額だけを返済して終わりではなく、お礼の感謝状や品物などのギフトを渡しておくと相手からも喜んでもらえますし、今後の関係も円滑に進めやすいでしょう。
http://xn--t8j0gd8443ac0qsl0ckhxa.com/